ビットコインの先物取引 - ビットコイン購入丸わかりガイド

ビットコイン購入丸わかりガイド
Home » ビットコインガイド » ビットコインの先物取引
ribbon

ビットコインの先物取引

ビットコインは、先物取引でも購入することができます。
基本的なシステムは信用取引と似ていますが、決定的に違うのは「限月」という形で期限が設けられていることです。
ビットコインで先物取引ができるようになったのは、2017年でまだ登場したばかりです。
そこでビットコインの先物取り引きについて、取り上げます。

そもそも先物取引とは、どういう取引を指すのでしょうか。
ビットコインは将来的に上昇するか下降するか、全く分かりません。
一時期はぐいぐい上昇し、「下降」という言葉は辞書に存在していなかったほどの勢いがありました。
しかし今は価格も一時期と比べて下がっており、今後価格がどう動くかは分からない状況です。

そこでビットコインの先物取引です。
予め決められた期日が来ると、購入した価格で売買が成立します。
例えば1BTCが100万円で取引されていた時に、ビットコインを購入します。
そして期限が来て1BTCが120万円に上がったら、20万円の利益が出ます。
しかし逆に1BTCが80万円になれば、20万円の損になります。
先物取引で利益を得るには、ビットコインの価格がどうなるかを読み解く力が必要です。

先物取引ができるようになると、大量のお金がビットコインに流れるようになります。
またこれまで見向きもしなかった投資家のプロも、仮想通貨へ参入するようにもなりました。
その証拠にビットコインの価格は先物取引が始まる前と比べると、上昇しています。
ただ上昇した背景に何があるかについては、具体的にハッキリしていないのが正直な所です。
プロの投資家が多く集まったことも考えられますが、1人の投資家が大金をつぎ込んで価格を操作したことも考えられます。
プロの投資家は確実に利益を出すために、価格そのものを操作することがあります。
今後ビットコインの動きを予想するのは、非常に難しくなるでしょう。

これまでは何も考えずにビットコインを買うだけで、利益を上げることができました。
難しいことは何も考えずただ買えば良いだけなので、正に「金のなる木」そのものでした。
でもプロの投資家達が参入したとなると、「ただ買えばいい」だけでは済まされなくなります。
先の先を常に考えなければ、取り返しがつかなくなります。
しかし逆に考えれば、願ってもない大チャンスでもあります。
ビットコインの先物取引を上手く利用すれば、大きな利益は運次第になるものの確実な利益ならば得られる可能性は高くなっています。

ビットコインガイド | 02月26日更新