ビットコインの取引手続き - ビットコイン購入丸わかりガイド

ビットコイン購入丸わかりガイド
Home » ビットコインガイド » ビットコインの取引手続き
ribbon

ビットコインの取引手続き

取引所での登録が完了すれば、いよいよビットコインの取引開始です。
しかしいざ取引をしようとしても、どう手続きをすれば良いのか分からないという方も多いでしょう。
そこでビットコインを取引する方法について、取り上げます。

ビットコインは、取引所か販売所で購入します。
取引所と販売所の違いは、誰がビットコインを売るかです。
取引所は既にビットコインを手にした人が、欲しい人に売る所です。
例えば、1BTC(ビットコインの単位)を100万円で欲しい人がいたとしましょう。
取引所で1BTCにつき100万円で売っている人がいれば、取引は成立です。
ビットコインを投資目的で始めるのなら、取引所で購入するのがベストと言えます。
値段が安い時にビットコインを購入して値段が高い時に売れば、かなりの利益が上げられます。
ビットコインは取引所だけでなく、販売所でも取り扱っています。
販売所は運営している会社から、直接購入する場所です。
値段は取引所と比べると、少し割高で販売されています。

販売所の方が高く売られているとなると、販売所の利用は控えた方が良いと思われるかもしれません。
しかし万が一ビットコインが大暴落を起こし、市場が大パニックになれば、取引どころではありません。
「暴落しないから大丈夫」と考える方もいらっしゃるとは思いますが、何が起こるか今は分からない状況です。
でも販売所であれば、取引所が大パニックを起こしていてもスムーズな取引ができる可能性があります。
販売所を利用しても大暴落を起こしているのならば損してしまいますが、最悪の事態だけは避けられます。

なおビットコインは投資だけでなく、実際に”お金”として使うことが可能です。
手続の方法としてはまず、ウォレット(財布)を準備します。
ウォレットは本当の財布ではなく、ビットコインを保管するアプリの一種です。
ウォレットをダウンロードしてビットコインを入れたら、後は普通に買い物をするだけです。
精算の際に担当の店員に、「ビットコインで支払います」と伝えます。
そして専用の機器にウォレットを読み込ませれば、精算完了です。
ビットコインの支払いに対応している店は少ないのが正直な所ですが、大型店舗を中心に少しずつ広まっています。
ただビットコインの利用を考えているのなら、念のために問い合わせて下さい。
ビットコインの使い道は色々あります。
何かと投資だけに注目されがちですが、実際のお金として使えるのも嬉しいポイントです。

ビットコインガイド | 02月26日更新